鈴木さんが精魂込める味自慢のお米

鈴木さんが精魂込める味自慢のお米

29年産 特別栽培[山形県庄内産つや姫]

わが国のおいしいお米のルーツ「亀ノ尾」の系譜を受け継ぐ「つや姫」。旨み成分が極めて多く、一番の特長は「おいしさ」です。山形県から認定された、技術力の高い生産者だけが生産しています。

WEBページ産地欄_田中-01

◎玄米2kg

価格:2,592円(税込)


分づき:

購入数:

◎玄米5kg

価格:6,372円(税込)


分づき:

購入数:

菊太屋米穀店ではご注文受付後に、無料にて分づき精米いたします。 「分づき」の項目で、お好みの精米度合いを10段階でお選びください。 玄米を精米すると、ぬかが削れて重量が約1割減ります。

鈴木さんのこだわり


日本を代表する米どころ、庄内平野。山形県北西部に位置し、北端は秋田県と接する地域です。鳥海山や月山などに囲まれ、いわゆる庄内米をはじめ、この地方特産の「だだちゃ豆」などの農地が広がっています。
山形県鶴岡市で農業を営む鈴木農産企画の鈴木孝征さんを訪問し、米づくりのこだわりを聞いてきました!

こだわり1
1.「土壌中の養分をしっかり稲へ。」

一般的には「田んぼが沸く(※1)」と、酸素が欠乏して根腐れが起きるので忌み嫌われ、通常は対策として水抜きを行います。ところが、先代の教えは逆で、水抜きを行うとせっかく土の表面に現れた土壌中の養分も水と一緒に流れてしまうと言うのです。
では、根腐れをどう防ぐか? 鈴木さんは、光合成細菌を投入しています。根の働きが活発になり、そのうえ水の浄化にもなるので、水抜きをしなくても丈夫な根が育ち、土壌中の養分もムダにしなくても済むので一石二鳥なんです。

※1…田んぼの土の中の有機物が、微生物によって分解・無機化されてアンモニアになることで稲の根に吸収される。このとき、還元状態で一部が窒素ガスになって田の表面に現れる。これが、「田んぼが沸く」という現象。

こだわり2
2.「田んぼから、教えられる。」

食味も田んぼも、見極めるには観察力が大切『歩け、とにかく朝晩、田んぼに行け』先代から、そう言われ続けたそうです。同じ日のうちでも土の具合、稲の具合は変化します。昨年は分からなかったことも、今年は分かることも多い。迷ったときには、『あのときこうだったから』と、判断できるようにならなくてはいけません。
それには、日ごろの姿勢が大切。毎日、田んぼに出る。ちゃんと、田んぼに出る。日々、感じることで、土の乾き具合も読めるようになる。じぶんの成長につながる。鈴木さんは今日も田んぼを歩きます。

もっと詳しく見る「作り手訪問」>>

分づき、精米について



分つき
玄米

玄米

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、健康的な食生活を考えている方に人気です。消化吸収が良くないため、よく噛んでお召し上がりください。胃腸の弱い方には不向きなお米です。

1分づき

見た目は玄米とほとんど変わりませんが、比べると水の吸収率は高くなり扱いやすくなります。

3分づき

表面を少し取り除いた状態ですので、カラダに良い栄養素、食物繊維は十分に残っています。

5分づき

栄養素を含む胚芽が残り、ビタミン・ミネラル・食物繊維もしっかり取れます。しかし、白米ほどもちもちとした食感はありません。

7分づき

見た目は白米とほとんど変わらず、白米と同じ炊き方でお召し上がりいただけます。白米と比べると栄養素は豊富で、分づき米は初めてという方にオススメです。

白米

一般的に食べられているお米です。ふっくらと炊き上がり、ツヤが出ます。お米の甘みやもっちりとした味わいを楽しめます。

いつも、新鮮なお米をお客様に。
菊太屋米穀店では”商品出荷当日”に精米いたします。※一部の商品を除く。

– じつは、お米は生きている。

お米は精米されたとたん、生ものになると言っても過言ではありません。精米されたお米は酸化がはじまり、水分が飛びやすくなります。

するとお米は硬くなり、食味や食感が失われていきます。 そのため、菊太屋米穀店では一部の商品を除き商品出荷日の当日に精米を行い、精米したての新鮮なお米をお客様のお手元にお届けしています。

– 菊太屋米穀店の精米はどこがちがう?

菊太屋米穀店では商品出荷日当日に1袋ずつ精米を行っています。そして、精米されたお米には黒くなったお米や白濁したお米が混ざっていることがあります。そのようなお米は人の目でしっかりチェックされ、一粒一粒丁寧に取り除いています。丁寧な精米もおいしいお米の秘訣です。


-「お米」で新しい習慣、"温活習慣"はじめましょう。

冬暮らしのあいうえお

"温活"ってご存知ですか?もうすでに取り入れられている方も多いのではないでしょうか。 温活とは、「心と身体が健康的にはたらく体温を維持するために、体温を上げる活動」のことを言います。例えば、あなたの平熱は何度ですか?まずは体温を測ることが温活のはじまりです。

理想の平熱36.5℃~37℃を自分の力で保ち、病気知らずの心と身体を目指しましょう!毎日の習慣にして、自分のペースで続けていくことが何よりも大切です。そこで米屋オススメの無理なく続けられる温活習慣をご提案します。

>> 特集ページはこちら

いらないお米のとぎ汁、捨てるの待った!

足湯

首、手首、足首と「首」とつく部分は太い動脈が通っているところで、ここを温めることで血液が身体の末梢まで効率よく届くのです。とくに足もとは心臓から一番遠い部分なので冷えやすく、上半身と下半身で温度差が生まれやすいのです。「頭寒足熱」という言葉があるように、上半身と下半身の温度差をなくす意識をしましょう。第2の心臓と言われる足もとを温めるだけでも全身の血行が良くなり快適に過ごせます。

温活習慣として手軽で確実に身体を温められるのは、しっかり湯ぶねにつかったり冷えが気になるとき足湯や手湯で部分的に温めることです。いきなり熱いお湯からではなくゆっくり温度を上げていくのが理想的。そこにお米の「とぎ汁」をプラスするのがオススメです。お米の栄養がたっぷり含まれたお米のとぎ汁は、お肌の栄養補給を手伝ってくれます。とぎ汁で洗顔や、自家製パックを作ったりと活用方法もさまざま。身体を温めてお肌のケアもできる、一石二鳥の温活習慣です。

お米は玄米がオススメ。

玄米

食べ物にはしょうがのように身体を温めるものと、反対に冷やすものがあります。白米は冷やすものに分類されます。しかし、玄米は雑穀米同様に血流改善に効果がある栄養素を含んでいるので、いつものごはんを玄米に変えるのが理想的です。ですが玄米は炊くのが難しく時間もかかりますし、食味も白米には劣ります。そこでオススメの方法をご提案します。

1.白米と玄米を混ぜて炊く 混ぜる割合は2:1がオススメ。玄米の割合や水加減はお好みに合わせて調節してください。

2.分づき米に挑戦 3分づき、5分づき、7分づきなど玄米ほどではありませんが、栄養素を残した精米度合を選ぶという方法。

3.雑穀米として取り入れる 白米のもちもち感と玄米のぷちぷち感が楽しめます。

◎オススメの雑穀

国産五色玄米

国産五色玄米

価格:20g / 216円(税込)
>> 商品ページ


こちらもオススメ


国産 十六穀米
20g×7袋:1,510円(税込)
笛木さんの希少な南魚沼産有機米
880円(税込)
五銘柄詰合せ
5,940円(税込)
650円(税込)
ArrowArrow
ArrowArrow
PlayPause
Slider