備えて、食べて。

防災の日

9月1日は「防災の日」です。

いつ起こるかわからない「いざ」という時。そのための準備はお済みですか?
1年に1回の「防災の日」だけでも防災についてきちんと考え、見直すことは日本という国に住む上でとても大切なことなんです。

とくに「食」は、生きていく上で欠かすことができないだけではなく、今日を明日を乗り越えていくチカラにもなります。
この記事では、いつもの生活の中で少し心がけるだけで「いざ」という時のために備えることができる、簡単な方法をご紹介しています。

ちょっとした心がけだけで変わる、「いざ」という時の備え。

非常食といえば、すぐに思いつくのがアルファ米やパックごはん、缶詰、レトルト食品などではないでしょうか。これらは災害発生後3日から1週間程度の期間には重宝しますが、長期にわたる避難生活分を備蓄するには大きな費用、保管スペースが必要となってきます。

大きな災害の場合、避難所での生活や自宅待避など長期にわたって避難生活をしなければならない可能性が高くなります。その場合、数ヶ月非常食だけで過ごすのは非現実的だと言えるでしょう。
また、普段食べない非常食の「買い溜め」は賞味期限切れなど、無駄になってしまうことも。

そこで、普段の味、普段の食事を非常時でも味わえるよう「買い置き」がオススメ

方法はとても簡単!今食べている分がなくなってから買いに行くのではなく、なくなったら買い置きしておいた分の封を開け、新しく買い置きしておく分を補充することを心がけるだけなんです。この方法は「ローリングストック法」といい、「備える→食べる→買い足す」を繰り返します。

買い置きにオススメの食材:お米、餅、そば・素麺・うどん・パスタなどの乾麺類、乾物、普段消費することができるレトルト・缶詰類

この方法は日常の消費量に合わせた買い置きのサイクルを把握することで、無駄を省き「賞味期限」の問題を解決してくれます。また、ゆっくりストックを増やしていくこともできるので費用面でも負担が軽くなります。

「もし災害が起こっても救援物資が届くから、備蓄しておかなくてもいいのでは?」という意見の方もいます。しかし、支援物資がすぐに届かなかったり、買い占めや物資不足で調達が難しい場合があります。なので最低3日分の食料は用意しておきましょう。それに加え、「買い置き」の食料の備えがあれば憂いなしです。

「買い置き」何からはじめるべき?

「いざ」という時の備えです。あれも、これも必要なんじゃないかと考えていると、何から買い置きすればいいのか迷いますよね。
そんな方はまず、主食である「お米」の買い置きからはじめてください。毎日食べているお米は、食べ続けても飽きずに食べることができます。また、おにぎりなど冷めても美味しさが変わらない点もお米の魅力です。缶詰やレトルト食品も必要不可欠ですが、あくまで主食の補助なので最後に追加する程度で十分です。

「もうすぐお米がなくなるな」ではなく「ちょうど半分くらいになったから買い足しておこう」という意識を持つことが大切。日常の消費量はご家庭によって変わるので、自分たちのサイクルを把握して災害にしっかり備えましょう。

災害時に役立つ「お米の豆知識」を紹介しています。

そもそも、防災の日って?

防災の日は「台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、災害に対処する心構えを準備する」という防災思想の普及・啓発を目的として、1960年に制定されました。また、1982年からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

なぜ9月1日なの?

9月1日という日付は、1923年9月1日に発生した「関東大震災」に由来しています。
また、8月から9月は台風が多く発生するとされている時期で、1959年には大規模な被害を出した「伊勢湾台風」が襲来しました。
これらを背景に、防災の日は防災について深く考えるいい機会であるとして定められたとされています。

防災の日は何をするの?

防災の日は、災害についての認識を深め、災害に対処する心構えを準備する日です。
家にある防災用品や非常食などの備蓄品の保存期限の確認・補充や、転倒しやすい家具はきちんと固定されているかなども確認しておきましょう。
また、家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておくことも、とても大切になります。家や会社、通勤途中など災害が起こった時、自分がどこで何をしているかによって対処は変わってきます。考えられる状況で災害が起こった場合をシュミレーションしておくことも重要です。

知っておきたい、災害時のライフライン復旧の目安

災害が起きると電気やガス、水道といったライフラインが絶たれ、生活に大きな支障をきたします。過去の災害では、ライフラインはどのくらいの時間で復旧したのでしょうか。ただ水や食料を備蓄しておけばいいという訳ではなく、ライフライン復旧の目安を知り家族に必要な防災用品や非常食を用意しておきましょう。
何日分の防災備蓄品が必要なのか。その目安になる過去の災害でかかったライフライン復旧までの時間をご紹介します。

東日本大震災(2011年3月11日)

電  気

1週間

水  道

3週間

ガ  ス

5週間

熊本地震(2016年4月14,15日)

電  気

1週間

水  道

1週間で大きく復旧、一部の復旧が難航

ガ  ス

2週間

震度6の地震

●鳥取地震(2016年10月21日)

電  気

翌日

水  道

被害なし

ガ  ス

被害なし

●大阪北部地震(2018年6月18日)

電  気

3時間

水  道

翌日

ガ  ス

4日後

西日本豪雨(2018年7月)

電  気

1週間

水  道

3週間

ガ  ス

5日後

災害時に役立つ「お米の豆知識」を紹介!

炊飯器を使わずにごはんが炊けますか?

災害時には、ライフラインの停止、家具・家電の破損など、生活に大きな支障をきたします。そこであると便利なのがガスコンロとお鍋です。ガスコンロがあればお湯も沸かせますし、ごはんを炊くことも可能です。「でも、いつも炊飯器のスイッチを押すだけで、お鍋で炊いたことない」という方がほとんどではないでしょうか。
お鍋で炊くと、直火なので炊飯器で炊いたごはんより美味しくなるというメリットが。なので一度お家で練習しておくことをオススメします。

1.お米を洗う、水につける

お米は洗って軽く水を切ってから鍋に入れ、分量の水を加えてつけます。 ※夏は30分、冬は1時間

2.中火で10分

ふたをして10分ほど中火にかけ、沸騰させます。火加減を10分前後で沸騰するよう設定するのが、美味しいごはんを炊く秘訣。

3.弱火で15~20分

沸騰したら弱火にし、15~20分ほど加熱します。

4.10分蒸らす

加熱後、火を止めて10分ほど蒸らします。

計量カップがない場合

お米1合は、何g、何ml、何ccかご存知ですか?
正解は「約150g、180ml、180cc」です。大体の数字を覚えておけば、紙コップなどで代用することもできます。また、ふうつサイズのコップの容量は平均180ml~200mlといわれます。

しかし、コップ自体の容量がわからないという場合も。その場合はお米と水が「お米1:水1~1.2」になるように、手持ちにあるコップなどで量りましょう。

最後に

「いざ」という時は、いつ起こるかわかりません。起こった時に冷静な判断ができるかどうかは、備えや日々の意識が重要となってきます。
1年に1回の「防災の日」だけではなく、もっと定期的に確認・見直しなどを行っていきたいものですが、平和な日々が続くとついつい忘れてしまいがちです。この機会に自分に降りかかる可能性がある災害について認識し、身の回りの危険な箇所・避難場所などを確認して、災害にしっかり備えましょう。



こちらもオススメ


食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:2,678円(税込)
5kg:6,588円(税込)
味と食感を楽しむ詰合せ
2kg:3,801円(税込)
5kg:9,396円(税込)
650円(税込)
お国自慢お米自慢
2kg:2,592円(税込)
5kg:6,372円(税込)
3,456円(税込)
650円(税込)
食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:1,556円(税込)
5kg:3,888円(税込)
今日の雑穀1週間セット
2kg:1,360円(税込)
5kg:3,402円(税込)
寿米
5,400円(税込・送料無料)
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PlayPause
Slider