栽培方法から選ぶ

JAS有機栽培米


●有機農産物とは?

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、以下の方法で生産された農産物のことを指します。

・たい肥等で土作りを行い、種まきまたは植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない。

・土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる。

・農業生産に由来する環境への負担をできる限り低減する。

・遺伝子組換え技術を使用していない。

●選んで安心!有機JASマーク

有機JASマーク
日本ではこれまで有機食品についての統一の基準が定められていなかったため、さまざまな方法で生産されたものが「有機」食品として流通していました。そのため、消費者は商品を選ぶ際何を基準に選べばよいのか混乱していました。
そこで平成11年に改正されたJAS法に基づき、有機農産物のJAS規格が定められ、そこで示されたルールを守って生産され、有機JASマークが付いた食品にだけ「有機」や「オーガニック」と表示できるようになりました。

●有機JAS制度のしくみ

・登録認定機関は認定事業者が基準に適合しているか、格付や表示が適正に行われているかを定期的に調査します。

・農林水産省及び(独)農林水産消費安全技術センターは、認定事業者に対し立入検査・調査や市販品の買い上げ調査を行います。

認定を受けて有機食品を生産する生産者さんは、国が定めたルールを守ってお米を作っています。
また、このルールを守っているかどうか生産者さんを調査し、きちんと守っている生産者さんを認定するのが登録認定機関です。登録認定機関の調査員は実際に農場に行って現状の確認、農薬や肥料などの買い付け記録を確認したりなど、細かな検査を行っています。

有機JAS制度のしくみ

≫JAS有機栽培の商品を見る

特別栽培米


●特別栽培農産物とは?

特別栽培

・その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べ、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。

・節減対象農薬と化学肥料双方の節減が必要となります。

≫特別栽培の商品を見る

慣行栽培米


・地域で定められた慣行レベルに基づき育てられたお米です。

・一般的な栽培方法で、店頭でもよく見かける栽培方法。有機栽培や特別栽培の表示がない農作物は「慣行栽培」で作られたものです。

・農薬、化学肥料ともに必要に応じて使用しています。使用してもよいとされる薬品の種類は法律で定められていますが、使用回数の制限は作物の種類によって異なります。

・都道府県によって基準が異なります。

≫慣行栽培の商品を見る



こちらもオススメ


食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:2,678円(税込)
5kg:6,588円(税込)
味と食感を楽しむ詰合せ
2kg:3,801円(税込)
5kg:9,396円(税込)
650円(税込)
お国自慢お米自慢
2kg:2,592円(税込)
5kg:6,372円(税込)
3,456円(税込)
650円(税込)
食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:1,556円(税込)
5kg:3,888円(税込)
今日の雑穀1週間セット
2kg:1,360円(税込)
5kg:3,402円(税込)
寿米
5,400円(税込・送料無料)
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PlayPause
Slider