温かい暮らしのあいうえお

“温活”ってご存知ですか?もうすでに取り入れられている方も多いのではないでしょうか。
温活とは、「心と身体が健康的にはたらく体温を維持するために、体温を上げる活動」のことを言います。例えば、あなたの平熱は何度ですか?まずは体温を測ることが温活のはじまりです。

温活

つらい冷え症の原因とは?


昔の人は平熱が37℃前後あったと言われています。しかし最近では35℃台という人も少なくありません。それは運動不足による筋力低下やストレス、さらに整った温度管理環境で暮らすうちに自ら体温を調節する機能が弱くなっているからです。
その結果、冬になると多くの女性を悩まさせる「冷え症」などの体調不良を感じる人が増えています。冷え症は肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下など、さまざまな不調を引き起こす原因となっています。

新しい習慣、”温活習慣”はじめましょう。


そこで注目されているのが”温活”です。理想の平熱36.5℃~37℃を自分の力で保ち、病気知らずの心と身体を目指しましょう!しかし、冷え症の解消はすぐに効果がでるものではありません。毎日の習慣にして、自分のペースで続けていくことが何よりも大切です。そこで米屋オススメの無理なく続けられる、温活習慣をご提案します。

あま酒でカラダの中から温める。

甘酒

飲む点滴とも言われている栄養たっぷりな甘酒。温かい甘酒を飲むと身体の中からポカポカに。身体が冷えている朝や、食事と食事の間に取り入れて冷えていない状態を維持しましょう。菊太屋米穀店の「米麹の甘酒」は米と米麹と水だけで作られた、自然の甘さが1番の特長。サラッと飲みやすく保存料無添加、無加糖、アルコール0%でさらに身体にやさしく作られています。

しょうが

すりおろしたしょうがを入れて飲むのもオススメです。ご存知の通り、しょうがは身体を温める効果が高い食品なので積極的に取り入れましょう。甘酒の自然な甘みとさわやかな生姜の香り・辛みが相性抜群です。


米麹の甘酒

米麹の甘酒

価格:500ml / 880円(税込)

≫商品ページ

いらないお米のとぎ汁、捨てるの待った!

足湯

首、手首、足首と「首」とつく部分は太い動脈が通っているところで、ここを温めることで血液が身体の末梢まで効率よく届くのです。とくに足もとは心臓から一番遠い部分なので冷えやすく、上半身と下半身で温度差が生まれやすいのです。「頭寒足熱」という言葉があるように、上半身と下半身の温度差をなくす意識をしましょう。第2の心臓と言われる足もとを温めるだけでも全身の血行が良くなり快適に過ごせます。

温活習慣として手軽で確実に身体を温められるのは、しっかり湯ぶねにつかったり冷えが気になるとき足湯や手湯で部分的に温めることです。いきなり熱いお湯からではなくゆっくり温度を上げていくのが理想的。そこにお米の「とぎ汁」をプラスするのがオススメです。お米の栄養がたっぷり含まれたお米のとぎ汁は、お肌の栄養補給を手伝ってくれます。とぎ汁で洗顔や、自家製パックを作ったりと活用方法もさまざま。身体を温めてお肌のケアもできる、一石二鳥の温活習慣です。


クローバーでおいしく育った森のくまさん

クローバーでおいしく育った森のくまさん

価格:玄米2kg / 2,181円

≫商品ページ

森と水から稲を育てる相馬さん米

森と水から稲を育てる相馬さん米

価格:玄米2kg / 1,244円

≫商品ページ

うめ醤番茶でほっと一息。

梅醤番茶

日本に古くから伝わる味「梅醤番茶」は煮出した三年番茶に梅干しとしょうが、しょうゆを合わせた飲み物です。身体の調子があまりよくないなと感じたときはもちろん、冷え症の改善にも。身体がポカポカになるお茶は身体だけでなく心も温めてくれます。お腹が空いたときや朝に飲むのをオススメします。味の濃さは自分がおいしいと感じるように調節してもOK。体調に合わせてアレンジもできるので、その時の自分にあった梅醤番茶を見つけましょう。

梅醤番茶作り方1

1.
梅干し(1粒)の種を取り除き、箸などですりつぶす。

梅醤番茶作り方2

2.
醤油大さじ1を入れて混ぜる。

梅醤番茶作り方3

3.
生姜のおろし汁を2滴ほど加え、熱い番茶(あれば三年番茶)を八分目まで注いで完成。


ご飯に梅干

ご飯に梅干

価格:160g / 650円(税込)

≫商品ページ

えい養たっぷり雑穀米。

雑穀

食事で体を温めるのも欠かせない温活習慣です。毎日の食事に”温活お味噌汁・スープ”をぜひ取り入れてみましょう。しょうがを入れるのも効果的ですが、血流改善に効果がある栄養素を含んだ雑穀がオススメです。ごはんとして取り入れるのはもちろん、お味噌汁に入れて身体を温めましょう。

ゆでる・水に浸す・炊飯器で炊くなどひと手間はかかりますが、リゾットや雑炊風の立派なおかずにもなります。血流改善に効果がある栄養素以外にも、雑穀にはいつもの食事で不足しがちな栄養素がたくさん含まれています。イロイロな種類があって、効果もさまざま。からだの状態に合わせて試してみてください。


国産十六穀米

国産十六穀米

価格:20g / 270円(税込)

≫商品ページ

国産二十八穀米

国産二十八穀米

価格:20g / 270円(税込)

≫商品ページ

お米は玄米がオススメ。

玄米

食べ物にはしょうがのように身体を温めるものと、反対に冷やすものがあります。白米は冷やすものに分類されます。しかし、玄米は雑穀米同様に血流改善に効果がある栄養素を含んでいるので、いつものごはんを玄米に変えるのが理想的です。ですが玄米は炊くのが難しく時間もかかりますし、食味も白米には劣ります。そこでオススメの方法をご提案します。

1.白米と玄米を混ぜて炊く
混ぜる割合は2:1がオススメ。玄米の割合や水加減はお好みに合わせて調節してください。

2.分づき米に挑戦
3分づき、5分づき、7分づきなど玄米ほどではありませんが、栄養素を残した精米度合を選ぶという方法。

3.雑穀米として取り入れる
白米のもちもち感と玄米のぷちぷち感が楽しめます。


笛木さんの希少な南魚沼産有機米

国産五色玄米

国産五色玄米

価格:20g / 270円(税込)

≫商品ページ


こちらもオススメ


お国自慢お米自慢
2kg:2,592円(税込)
5kg:6,372円(税込)
3,456円(税込)
650円(税込)
食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:1,556円(税込)
5kg:3,888円(税込)
今日の雑穀1週間セット
2kg:1,360円(税込)
5kg:3,402円(税込)
食べ比べニ銘柄詰合せ
2kg:1,598円(税込)
5kg:3,888円(税込)
味と食感を楽しむ詰合せ
2kg:1,814円(税込)
5kg:4,428円(税込)
650円(税込)
寿米
5,400円(税込・送料無料)
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PlayPause
Slider