「相馬農場」相馬 時博さん_4

作 り 手 訪 問
p4_1

「祖父から父へ、そしてじぶんへ。」

 約50年前、出来たばかりのこの村へ入植した祖父。そして、いち早く有機農法を実践してきた父。ふたりから受け継いだチャレンジ精神は、相馬さんの中にも脈々と流れている。
 「いまは、生産者でありながら、経営者です。全責任を負うぶん、サラリーマンより大変です。規模が大きくなると、機械も大きくなるので資金的にも大変です。でも、あと2町歩くらいまでなら、増やしてみたいです。」「例えば米の旬は、正月明けの1月~2月なんですよ。デンプンが糖に変わって甘みが出ます。これからの生産者は、そんなことも含めて、消費者への情報発信にチカラを入れていきたいですね。」「GWはないし、残業たっぷり、4時半起き。ワハハハ、ハ。」次々と語る相馬さんの目は、輝いていた。さらに経験を重ねたときに、どんな生産者になっているのか。未来の相馬さんにまた会いに行きたいと思う。再会を約して、取材班は次の地、旭川へ向かった。

p4_2

祖父が入植した当時のトラクター。「マッセイ・ファーガソン」は近代農業の発展を支えた西欧のトップ農業メーカーだ。

p4_3

相馬農場では、畑作も手がけている。
黒豆、茄子、里芋、オクラなどを育てているそうだ。

p4_4

ネズミよけのネコ。名前はないそうだ。

訪問日:2017年10月11日

八郎潟の堆積土で育った相馬さん米

[JAS有機栽培秋田県大潟村産あきたこまち]

八郎潟の堆積土で育った相馬さん米

川の上流にブナを植林し、おいしい水を確保して米作りに取り組む相馬さん。八郎潟の堆積土や日本海の潮風など、自然の恵みがおいしいお米を育てます。

fukuda

生産者:相馬 時博さん

◎玄米2kg

価格:2,354円(税込)

分づき:

購入数:

◎玄米5kg

価格:5,724円(税込)

分づき:

購入数:

菊太屋米穀店ではご注文受付後に、分づき精米いたします。「分づき」の項目で、お好みの精米度合をお選びください。玄米を精米すると、ぬかが削れて重量が約1割減ります。


line2