「福田農園」福田 和博さん_2

作 り 手 訪 問
P2_1

「有機農法じゃないんです。
自然循環型の農法です。」

福田さんは、自身が取り組む農法を「自然循環型」と呼んでいる。15年くらい前、「これからの時代は有機だろう」と、有機栽培への取り組みを始めている。岡田茂吉の「自然農法」にひかれ、その影響を強く受けながらも、独自色を加えたのが「自然循環型」だ。

「圃場は自然のホスピタルだ。」と、福田さんは言う。病気になったら医者へ行くという考え方ではなく、理由を考えて原因をつきとめれば解決できる。この時期にはこれというマニュアルにのっとったやり方ではなく、植物の顔を見て、植物が欲しがることを考えるのだそうだ。

 圃場に無理させないのも福田さんの原則だ。肥料をたくさん使わないのは、その考え方からだ。肥料を入れすぎるとよいわけがない、副作用ばかりが起こる結果になるという。圃場に無理をさせると、けっきょく味に出る。腹八分目というか、ほどほどがよいという福田さん。1反あたりの収穫量を6〜6.5俵(標準は10俵)と、きわめて少なく押さえているのも、圃場に無理をさせたくないからだ。

P2_2

毎年7月ころから10月ころまで咲く「サフランモドキ」の花。

P2_3

「圃場づくりに、
とても時間がかかります。」

 苗を植えて、さあ!と、いきなり肥料を入れてもダメだと福田さんは言う。田植え前に圃場が出来あがっていることが肝心だそうだ。微生物で肥えた圃場が理想で、基礎的な栄養は堆肥だけでもお米はできるという。「良い寝床の中のように、環境のいいところで育てば、よく育つ。」農作物は地力で作るもの。そんな福田さんの圃場の土はズシリと重いのだそうだ。

P2_4 P2_5

8月の終わりに植えて冬に収穫。2月ころに植えて6月ころ収穫。年2回ジャガイモを作っている。寒さや暑さに強く、なんと土中に保存している。